弁護士による相続に関するお悩みへの的確なアドバイス

  • 弁護士による相続に関するお悩みへの的確なアドバイス

    • 家族が亡くなって、親子間や兄弟姉妹間で遺産相続が行われるとき、必ずしも法定相続分の規定に従って一般的な分配比率で相続が行えるとは限りません。例えば遺産の多くが不動産であった場合にはどちらがその所有権を持つのか、土地の名義をどうするのか、同居や生前に介護を行った家族への分配を考慮するのかどうか、などその分割方法についてはひとつひとつの家族について全て異なった状況です。



      そんな時に強い味方となってくれるのが、遺産相続問題に詳しい弁護士です。



      ある弁護士紹介サイトでは、オンラインを使って匿名で相続のお悩みを相談できるコーナーを設けています。

      相続の弁護士情報ならこちらのサイトです。

      お悩みには、兄弟間で不当に遺産分配の比率が下げられてしまった、遺留分についての内容証明への対処方法に困っている、異母兄弟間での適正な分配比率について詳しく知りたいなど、それぞれの親族間でのトラブルが寄せられており、それについて複数の事務所の弁護士から的確なアドバイスがなされています。

      https://okwave.jp/qa/q6081152.html

      この紹介サイトのメリットは、複数の弁護士からのアドバイスが得られることであり、それによってより自分に合った対処法を選べるだけでなく、無料相談後も本格的に相談に乗ってもらいたい弁護士を見つけるのにも役立つのです。

      http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/tuusin/201403/535523_2.html

      もちろん匿名で投稿された多数の相談内容とそれに対する回答がいつでも閲覧できるので、サイト上で内容を確認するだけでも十分参考になります。
      親族間で揉め事が起こる前に、まずはチェックしておきたい内容となっています。



  • 関連リンク

    • 外国人が日本国内の土地や建物を取得したときには、日本人が手続きをするような形で登記を行うことができません。その者が日本国内で登記をすることができる資格をきちんと持っているのかを確認しなくてはいけませんので、日本国内で外国人が土地や建物を購入するときには、専門の弁護士や司法書士がその売買に立ち会わなくてはいけません。...

    • 親族の逝去に際して、近親の者がさけて通れないのが遺産相続の手続きです。家族で故人をしのぶ時間も大切ですが、遺産相続の手続きには期限が設けられているので、そういつまでもうやむやにしておくわけにはいきません。...