弁護士による相続に関するお悩みへの的確なアドバイス

  • 良好な親族関係を維持するための相続に強い弁護士

    • 親族の逝去に際して、近親の者がさけて通れないのが遺産相続の手続きです。


      家族で故人をしのぶ時間も大切ですが、遺産相続の手続きには期限が設けられているので、そういつまでもうやむやにしておくわけにはいきません。



      しかし、ことにお金の問題になると、普段仲良くしている親族、親子、兄弟姉妹であっても、揉め事が勃発することも事実です。

      本来、愛する親族のためにと故人が残したお金がもとで親族関係が壊れてしまうのは、とても残念なことです。では、このような相続問題を解決するには一体どうすれば良いのでしょうか。


      その答えは、お金に関する法律知識と経験が豊富な、相続に強い弁護士に諸手続きをお任せすることで一気に解決します。



      弁護士なら、遺言書の執行、遺産分割に関する提案や協議、遺留分の申し立てや相続の放棄についてなど、あらゆるお金の問題を一手に引き受けてくれます。

      もし遺産について家族間での話合いが長引く時にも、醜い言い争いになる前に、間に入って親族それぞれの意見をまとめてくれるのです。



      つまり、弁護士にお願いする事で、良好な親族関係を維持しながら、適正に遺産を分けることができるのです。



      もちろん生前から、遺言書の書き方についても相談できますし、残された家族が未成年の場合は成年後見の相談にも乗ってくれます。



      さらに、遺産を手にした後の税金の処理についても対処してくれ、必要な書類の作成や確認作業もお任せできるのです。



      弁護士事務所によっては、気軽に利用できる無料相談を行っているところもあるので、遺族の取りまとめ役となってくれるような頼れる弁護士を探すことができるでしょう。

  • 関連リンク

    • 外国人が日本国内の土地や建物を取得したときには、日本人が手続きをするような形で登記を行うことができません。その者が日本国内で登記をすることができる資格をきちんと持っているのかを確認しなくてはいけませんので、日本国内で外国人が土地や建物を購入するときには、専門の弁護士や司法書士がその売買に立ち会わなくてはいけません。...

    • 相続における遺産分割にはトラブルがつきものです。話のできる人ばかりだといいのですが、現実はそう簡単にはいきません。...