弁護士による相続に関するお悩みへの的確なアドバイス

  • 相続問題の解決を弁護士に頼むメリットは

    • 相続における遺産分割にはトラブルがつきものです。



      話のできる人ばかりだといいのですが、現実はそう簡単にはいきません。



      預貯金や不動産の財産がからんでくると、さまざまな思惑により話し合いが上手くいかないのはよくあることです。
      このような場合、相続問題をスムーズに解決するためには弁護士を活用するのが最適です。法律知識を持つ専門家に交渉を任せることで、理不尽な要求をしてくる相続人に対して説得力をもって対応してもらうことができます。



      また交渉全体を任せることもできますので、必要な資料を用意したりすることもなく、相手方と対峙することからくる精神的なストレスからも解放されるのも大きなメリットです。さらに弁護士が参加することで、冷静な話し合いができるようになることも期待できます。


      一般的に遺産分割協議の場では、法律的な問題とは関係の無い、感情的なもつれがその話し合いの場を支配してしまいがちです。


      これでは協議は一向にまとまらないので、問題が長引いてしまう可能性が高くなります。

      弁護士を間に入れれば、あくまでも法律的な観点から話をすすめることができるので、話し合いの長期化を避けられる可能性が高くなるのです。



      もちろん相続を円滑に行うためには、遺産分割協議が始まる前に弁護士の力を借りるのが一番です。



      有効な遺言書を作成しておき、信頼できる人あるいは弁護士自身に遺言執行人になってもらっていれば、いざという時に問題が起こることもないでしょう。



      できるだけ早い段階で相談しておくことが非常に重要です。

  • 関連リンク

    • 外国人が日本国内の土地や建物を取得したときには、日本人が手続きをするような形で登記を行うことができません。その者が日本国内で登記をすることができる資格をきちんと持っているのかを確認しなくてはいけませんので、日本国内で外国人が土地や建物を購入するときには、専門の弁護士や司法書士がその売買に立ち会わなくてはいけません。...

    • 親族の逝去に際して、近親の者がさけて通れないのが遺産相続の手続きです。家族で故人をしのぶ時間も大切ですが、遺産相続の手続きには期限が設けられているので、そういつまでもうやむやにしておくわけにはいきません。...